運転免許更新について

 

現在の日本には、様々な資格が存在します。数多ある職業の中には、資格を保有していないとその職に就けないという、厳しい世界も存在します。そのような職業の中で、よく知られているものと言えば、医者や看護師、学校の先生です。最近では、学校の先生になるために必要となる教員免許にも、更新制度が必要であると言うことで話題になりました。そのような経緯を辿って、2009年に教員免許更新制が導入されました。

更新が必要な免許と言えば、一般的に認知されている代表的な免許に、運転免許があります。運転免許は、免許の更新が必要な年の誕生日から数えて前後1ヶ月以内に行わなければならない、と法律で定められています。もしもこれを放置してしまうと、また1から運転免許を取得しなければなりません。更新の時期になれば、更新が必要であると言う通知がはがきで送られてきますので、そのはがきの内容に従って更新をする事で、運転免許を更新することができます。

運転免許は、時には凶器になるとも言われている、鉄の塊との呼び声がある自動車やオートバイを運転するために、絶対に必要なものです。運転免許を取得するに至るまでに、教習所でも安全に運転する義務を教えられるはずです。運転免許を初めて手に取る時も、更新する際にも今一度その事を思い出し、マインドセットを新たに安全運転を心がけなければなりません。免許を取得したら、それで終わりではなく、運転免許を手にした後こそ、より一層気を引き締めることが大切です。

その事を踏まえた上で、具体的な運転免許取得までの流れと、運転免許更新について説明します。